エントリー

新着情報です。 マクラーレンのスーパーカーを手に乗せるって、どんな感じなんだろう?

新着情報です。 マクラーレンのスーパーカーを手に乗せるって、どんな感じなんだろう?

スーパーカーといえば、疾走するマクラーレンの滑らかなラインが頭に浮かぶ。 しかし、時計に関して言えば、最もマクラーレンに近いのは間違いなく「リシャール・ミル」でしょう。 パートナーシップ5年目を迎えた両社は、「RM40-01 McLaren SPEEDTAIL」自動巻きトゥールビヨンを製作しました。

 

この時計は、マクラーレンがこれまでに製造した最速、最先端、オーバー・ザ・トップのロードカーである「スピードテール」へのオマージュと言われています。業界トップの流れを持つ2社が手がけるこの限定時計の見どころは?

トップクラスのスーパーカーにインスパイアされた

自然界で最も空気力学的に効率の良い形状である「ティアドロップ型」をベースにしたマクラーレン スピードテールは、流線型のスーパーカーの一例であり、3シーターの高級ツーリングカーとして、マクラーレン アルティメットレンジの第3弾モデルとして登場しました。

 

最高出力1,070bhpのハイブリッドパワートレインを搭載したMcLaren Speedtailは、最高速度250mph(約403km/h)で秒速12mの距離を走り、マクラーレン史上最速のロードカーとなる。 マクラーレンは、エアロダイナミクスの効率を徹底的に追求することで、自動巻きトゥールビヨン「RM40-01 McLaren Speedtail」のデザインの原点となりました。

 

「リヒャルトミルとマクラーレンは、ユニバーサルデザインへのアプローチや、軽量化、振動の影響の最小化、抗力の最小化といったエンジニアリング上の課題への取り組み方において、多くの共通点があります」と、マクラーレンの自動車デザイン担当ディレクターであるRob Melvilleは述べています。 この2つのブランドが互いに理想的なパートナーだと考えているからこそ、新しいRM40-01は完璧なまでに作り上げられたのです。

 

RM40-01の構想にあたっては、スーパーカーの見どころと、このタイムピースの背後にある哲学を引き出すことに力を注ぎました」と続けます。 マクラーレン・スピードテールが目指したのは、芸術性の高いスポーツカーである。 これは時計のデザインにも反映されています。その仕上げ、素材の使い方、妥協のないデザインは、スピードテールの豊かで多様なディテールを完璧に反映しています。"

 

リシャール・ミルの開発部門は、ブランドのテクニカルディレクターであるジュリアン・ボワイヤの指揮のもと、8ヶ月間、2,800時間以上を費やして、スーパーカーのようなラインを持つ時計を完成させました。

 

RM40-01のラインは、スピードテールのラインをベースにティアドロップの形状を模しており、ベゼルのノッチはボンネットの開口部を、操作ボタンは前輪の後ろのエアベントを連想させるようになっています。

 

"スピードテールのティアドロップシェイプからインスピレーションを得ただけでなく、リシャール・ミルの既存のデザイン特徴とマクラーレンらしさを融合させるという課題にも直面しました "と述べています。 Julien Boillatは、「この時計は、リシャール・ミルの中でも最高レベルの仕上げが施されています」と説明します。 面取りや研磨の作業では、鏡面研磨、プレーン仕上げ、サテン仕上げを部分的に使い分け、チタンとカーボンファイバーの両方を使うなど、さまざまな工夫を凝らしました。 ケースだけでも69個の個別部品で構成されています。"

 

前例のないほど複雑なデザインのため、5つのプロトタイプが作られ、最終的に最適な外観に仕上がりました。 最も難しかったのは、6時位置よりも広い12時位置のケースと、CarbonTPT®カーボンファイバーの中間層と長さの異なる鉄合金の柱で区切られたチタンケースとケースバックの距離を同時に狭めることです。

 

RM40-01の最先端ムーブメントを保護するため、リシャール・ミルは、上部が広く下部が狭い、ベゼルの厚みに合わせた3つのカーブを持つ独自の宝石入りクリスタルカバーを開発し、この部品だけで8ヶ月を費やした。 また、ストラップは左右非対称のユニークなデザインで、ラバータイプにはBiwiSAのVulcolor®テクノロジーが採用されています。 この特殊加工により、カラーラバーの二次成型が可能となり、ムーブメントの6時位置にあるマクラーレンのシンボル、オレンジのストライプをより手首に近づけることができるようになったのです。

今までにないオーダーメイドのムーブメント

RM40-01のケースは非常に複雑ですが、リシャール・ミルのムーブメントのテクニカルディレクターであるサルバドール・アルボナは、ケース内のスペースを最大限に活用し、複雑なメカニズムを駆使して、RM40-01自動巻きトゥールビヨンにふさわしい「エンジン」を作り出すことに成功したのです。 01 自動巻きトゥールビヨンは、スポーツカー「スピードテール」の特別なパートナーです。

 

ブリッジ、ブリッジスクリュー、地板、ローターなどの主要部品にはグレード5のチタンを使用し、RM40-01のムーブメントCRMT4には、自社開発のパワーリザーブ表示や、リシャール・ミレが初めてトゥールビヨンに搭載した大型日付表示や機能セレクターなどの複雑機構を搭載しています。

 

完璧を求めるあまり、3つのパワーリザーブ機構が開発され、最終的に時計に組み込まれたものが誕生した。 この新しいムーブメント構造の開発には8,600時間が費やされ、その多くは時計の複雑なディテールに費やされた。

 

複雑な構成部品、豊富なディテール、仕上げへのこだわりにより、RM40-01はスイス時計製造の頂点に君臨しているのです。 例えば、ベゼルのエッジはポリッシュ仕上げ、プログレッシブベベルやベベルコーナーなど、さまざまなポリッシュエレメントは一つひとつ手作業で仕上げられています。

 

また、見落としがちなのが、見える部分だけでなく、下部の表面など見えない部分にも仕上げが施されていることです。 また、歯車の一部には、スピードテールのリードカバーと同じマクラーレンのロゴが施されています。アーチ状のパーツには、スポーツカーのカーブを鮮やかに再現する新しい表輪を採用し、トゥールビヨンブリッジに映し出されています。

 

時計全体のバランスと滑らかなラインを保つため、日付調整のプッシャーは8時位置にデザインされています。このデザインは、11時位置のシンプルなアプローチよりも技術的に複雑ですが、美的感覚も重視されています。

 

プラチナとレッドゴールドの巻上げローターは、スポーツカー「スピードテール」の鉛製カバーから、香箱のデザインはそのルーフラインからインスピレーションを得ています。 2時位置から6時位置までのムーブメントの配置は、上部が広く下部が狭いカーブを描いており、スポーツカーのコックピットとギアの間のブラッシュドメタルの外周を連想させますが、これはマクラーレンがリシャール・ミルの過去のウォッチデザインから取り入れた発展形です。 また、ムーブメント下部からストラップにかけてのオレンジ色のラインは、スピードテールのリアウィンドスクリーンに取り付けられた縦型のブレーキランプを模しています。

 

また、RM40-01 McLaren Speedtail Selfwinding Tourbillonは、マクラーレンのスーパーカー「スピードテール」の発売に合わせて、106本の限定モデルとして発売される予定です。

 

この強力な共同作業により、時間の概念を超えた最高級の時計が誕生したのです。 リシャール・ミルとマクラーレンの両者にとって、空間からライン、フォルム、そしてコアへと、よりブレイクスルーとなるものです。 今後、よりベルサイユを意識するなら、「マクラーレンを手に入れた」と言えばいいのです。

世界をより良い場所にするために オリス ワッデンシー リミテッドエディション

世界をより良い場所にするために オリス ワッデンシー リミテッドエディション

企業の社会的影響が大きければ大きいほど、その企業の社会的責任も大きくなります。 環境への配慮や自然保護を消費者にアピールするために、時計ブランドに自然の要素を取り入れることは珍しくありませんが、オリスもその一つです。 "今年、オリスはワッデン海世界遺産事務局(CWSS)とタッグを組み、ワッデン海の保護を呼びかけるためにこの限定ウォッチを制作しました。 (モデル: 0176177654185-Set)。

 

 

オリス ワッデン海 リミテッドエディション イラストレーション

動作中の時計です。

 

オリスとプロフェッショナルダイバーズウォッチの関わりは1960年代に始まり、数十年にわたる経験により、ダイビング機能、革新的なアイデア、伝統的なスイス時計製造に関する独自のビジョンが生まれ、この限定版ワッデンシーウォッチに最もよく表れています。

 

オリスのダイバーズウォッチ「アクイス」をベースに、ステンレススチールケースにグレーのベゼル、側面にブラッシュ仕上げを施し、個性的なメタリック仕上げにしました。

 

グレーとブルーのグラデーションで構成されたダイヤルデザインは、中央から外周、下から上へと深みを増し、まるで無限の海が目の前に広がっているかのような、この時計のハイライトとなるデザインです。 日付窓は文字盤の6時位置にあり、日付の確認が容易にできます。 アワーマーカーと針にはスーパールミノバ®を塗布し、暗い場所でも正確に時刻を読み取れるようにしています。

 

ルミナスエフェクト

 

特筆すべきは、同ブランドが特別な機能として搭載したポインタームーンカレンダーです。 オリスがプロのダイバーと共同開発したこの時計は、月の周期と北半球のタイダルレンジ(潮の満ち引きの幅)の両方を表示します。 文字盤中央の白い針が29.5日周期の正しい日付に合わせられると、それに対応する潮汐範囲が文字盤上の白いアウトラインで表示されます。 同じ針で月の余剰分と不足分も表示され、潮位差や月の公転周期が一目でわかるようになっています。

 

文字板側に配置されたリューズは、衝撃などによるリューズへの影響を軽減するショルダーガードを備え、リューズの上に刻まれたブランドロゴで認識でき、さらにその周囲には滑り止めのテクスチャーが施され、握りやすさと調整しやすさを実現しています。

 

この時計には、側面がポリッシュ仕上げ、中央がサテン仕上げの3段重ねのステンレススチールブレスレットが装着され、さらに、扱いやすいように部分が拡張されたステンレススチール製のフォールディングクラスプが装備されています。

 

オリスのケースバックにはワッデン海のモチーフが特別に刻印されており、時計の発売の意義をさらに強調するだけでなく、ねじ込み式のケースバックは時計の防水性を保証するために十分な気密性が確保されているのです。 38時間パワーリザーブ、300m防水のオリス自動巻きムーブメント761を搭載し、ダイバーズウォッチとして認定されています。

 

結論:このワッデン海限定モデルは、その高いコストパフォーマンスにより、2021年に上海で開催されたオートオルロジュリー展で大きな注目を集めました。 この時計は、ブランドの時計製造の専門知識と美学だけでなく、社会的責任に対する強い意識も示しています。

グラスヒュッテ・オリジナル・クロノメーター・トゥールビヨン。

グラスヒュッテ・オリジナル・クロノメーター・トゥールビヨン。

ドイツ・ザクセン州の小さな町グラスヒュッテは、時計製造の長い歴史を持ち、ドイツの最高級時計ブランドや高級時計製造の伝説がある町ですが、この町でグラスヒュッテ・オリジナルが生まれました。 このグラスヒュッテ・オリジナル クロノメーター トゥールビヨンは、熟練した時計製造技術、エレガンス、美しさといったグラスヒュッテ・オリジナルの伝統を受け継ぐタイムピースです。 グラスヒュッテ・オリジナル セネターズ・クロノメーター・トゥールビヨンを見てみよう。 (時計型番:1-58-05-01-03-30)

このグラスヒュッテ・オリジナル・セネタ・クロノメーター・トゥールビヨンは、独創的なトゥールビヨン機構を備えていますが、この時計の特徴は、ストップセコンド、ゼロ、ミニッツストップで分針と秒針を確実に同期させ、正確に時間を設定する機能を持たせている点です。 リューズをさらに引き出して固定すると、秒針は時計回りにゼロ位置に戻り、分針は次のフルアワーマーカーまで進みます。

動作中の時計

42mmのプラチナ製ケースは、サテン仕上げとポリッシュ仕上げが施され、時計の視覚的インパクトを高めるとともに、貴金属ならではの高級感を際立たせています。 ラグは手首にフィットするように湾曲しています。

片側のリューズにはグラスヒュッテ・オリジナルのクラシックなダブルGLOGOロゴが刻まれ、その周囲には滑り止めのテクスチャーが施されているので、時計の操作や時刻合わせがしやすくなっています。

文字盤の魅力的なディテールは息を呑むほどです。 オフセンターのブルーダイヤルにはサンバーストパターンが施され、魅力的なグラデーションが時計の鮮やかさを引き立て、細部までエレガントで洗練されたデザインに仕上がっています。

この時計の最大の魅力は、文字盤上のトゥールビヨンで、異なる層と豊かな仕上げが魅惑的な効果を見せます。 グラスヒュッテ・オリジナルのクラフトマンシップには、精巧な手彫りや研磨など、味わうに値するマジックがあると言わざるを得ません。 フライングトゥールビヨンには、ストップセコンド、ゼロ、ミニッツストップ機構が搭載され、時計職人の卓越した技術を際立たせています。

この時計にはブルーのアリゲーターレザーストラップが装着され、エレガントで気品ある時計全体のスタイルと調和しています。

ムーブメントは手巻きキャリバー58-05で、丁寧な研磨と装飾が施され、パワーリザーブは70時間となっています。 その高精度は、独立した試験機関によって認定されており、精度面でも優れています。 また、シリコン製ヒゲゼンマイは、磁気や温度差に強く、パワフルな性能を発揮します。

結論:グラスヒュッテ・オリジナルは、常に時計製造の厳格さ、卓越したクラフツマンシップ、魅力的なデザインの精神を堅持しています。このグラスヒュッテ・オリジナル クロノメーター トゥールビヨンは、時間を驚かせ、新たな伝説を作り上げました。 この時計は、世界25本の限定生産です。

オレンジフェイスの腕時計のおすすめ3選

オレンジフェイスの腕時計のおすすめ3選

夏になると世の中が明るくなるような気がするので、鮮やかな色の時計を身につけると、腕元が華やかになります。 今回は、夏を鮮やかに彩るオレンジのおすすめ時計3選をご紹介します!

シトロエン ヘリテージ エレメント C037.407.17.280.10 (DS スーパーPH500M スペシャルエディション)
型番: C037.407.17.280.10
直径:43mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:ETA Powermatic 80.611
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:500メートル
コメント:2020年に発売されたシトロエンDSスーパーPH500Mスペシャルエディションは、時間があってSNSを覗いてみると、「非常に信頼できる性能」「科学的に検証されている」「価値が高い」と、ほとんど絶賛されている時計です。 と「コストパフォーマンスの高さ」を評価しました。 1968年のシトロエンのクラシックモデルにインスパイアされたこのダイビングウォッチは、鮮やかなオレンジ色の文字盤が目を引き、直径43mm、500m防水というビジュアルと数値が特徴です。 隠れたディテールとして、最大のセキュリティを誇る「ロッキングクラスプ」付きの逆回転防止ベゼルや、80時間のパワーリザーブを実現するETA社製自動巻きムーブメント「Powermatic 80.611」を搭載していることが挙げられる。 そして最後に、6,980円という価格は、本当にお買い得です。

ブライトリング スーパーオーシャン A17366D71O1S1
型番: A17366D71O1S1
時計の直径:42mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ムーブメント:ブライトリングキャリバー17
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:500m
コメント:スポーティーなオレンジの文字盤に全体的にシンプルなデザインのブライトリング・スーパーオーシャン自動巻き腕時計、直径42mm、オレンジの文字盤に合わせた白いインデックスと針がさらに目を引き、3時位置に日付表示窓を備えています。 また、"懐古主義者 "のために、ブランドの定番である「翼」のロゴを継承していることも特筆すべき点です。 500m防水で、夏場のサーフィンや海水浴などのウォータースポーツはもちろん、深海へのダイビングにも最適です。 この時計は、ブライトリングキャリバー17を搭載しており、38時間のパワーリザーブを実現しています。

カール F. ブヘラ ベルリヴィエ 00.10620.08.93.03
型番:00.10620.08.93.03
直径:46.6mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:CFB 1901.1
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50メートル
コメント:少し前に、カール F. ブヘラは新しい「オレンジピース」であるベルリビ・クロノグラフ・トリプルタイムを発表しました。 トリプルタイム・クロノグラフの真髄は、異なる時間帯や場所にいる人々をつなぐことですが、このパフラビ・トリプルタイム・クロノグラフの文字盤、ねじ込み式リューズ、ラバーストラップのオレンジ色は、かなり鮮やかに映えますね。 鮮やかな色彩の文字盤には、2つの積算計、スモールセコンド、日付表示、そして中央に時分針が配置されています。 特に日付表示は、凸レンズ拡大鏡の下では日付リングの数字が見えなくなってしまい、窓の中に白い背景が現れるまで日付が見えないという珍しい仕様になっています。 自動巻きムーブメントCFB 1901.1を搭載し、42時間のパワーリザーブを実現しています。

最後に、主要ブランドから発売されたオレンジカラーの時計を見ていた編集部員は、ふと「オレンジって、本当に肌色を選ぶんだ!」と思いました。 このことから、「あなたは何色ですか? あえてオレンジの時計に挑むか?

 

メンズビッグバンオートマチック機械式時計。

メンズビッグバンオートマチック機械式時計。

2013年に設立されたAGELOCERは、機械式時計の探究者として、従来にない方法で高付加価値、高品質、コストパフォーマンスの高い機械式時計を創造しています。 伝統を重んじながらもそれにとらわれない個性的でスタイリッシュな機械式時計に焦点を当て、伝統的な時計作りを新しい時代のDNAを持つ機械式時計に再解釈しているのがアジェロサーです。

ビッグ・バン」コレクションは、轟くエンジン、疾走するスポーツカー、交差する滑走路からインスピレーションを得ており、これらはすべて冒険と野心の精神を表しています。 未開拓の表情が主張する時計です。 ビッグ・バン」コレクションは、独創的なデザインと精密なメカニズムを追求し、独自の自由でスタイリッシュなスタイルで機械式時計の着用体験を実現しました。 ビッグ・バン 5804J4のスクエアケースとブラックとレッドの文字盤の配色は、冒険心だけでなく、ヴィンテージ感も感じさせます。 今日は、この時計のディテールを詳しく見ていきましょう。 (時計型番: 5804J4)。

従来のダイヤルとは一線を画すビッグバンのダイヤルデザインは、スポーツカーのダッシュボード要素とタイムスケールを融合させ、多層構造によるダイナミックなメカニカルダイヤルを実現しています。 そのユニークな動き方は、微妙な時間の流れを映し出し、クールで冒険的、斬新な世界に入り込んだような印象を与えます。

この「ビッグ・バン」のケースは、企画・設計から多工程に渡る精密加工を施した316Lスチール製です。32時間に及ぶ加工を経て、腕に装着したときの重量が34g、ケース厚が12mmとスリムなケースに仕上げられています。

ビッグ・バン」の文字盤も特徴的で、通常の文字盤モデルとは異なるシックな八角形のデザインは、若者の個性を表現することができます。 文字盤の直径は約44mmで、手首へのフィット感もよく、比較的汎用性の高いモデルです。

また、耐摩耗性に優れた合成サファイアクリスタルを採用し、鮮やかな輝きを放ちます。 また、時計の両面にコーティングを施し、より透明感のある時計に仕上げています。

リュウズは、手の甲を圧迫しないように5時位置に配置されています。

轟音を立てるエンジンをイメージした3Dの文字盤デザインが見どころです。 複数の文字板を重ねることで、伝統を破るような表現をしています。 歯車が飛ぶと時間が流れ、何層にも重なったダイヤルの平行構造が、時計の中にスチームパンクの世界を作り出します。

文字盤の10時位置には24時間表示、6時位置にはスモールセコンドカウンターを備えています。 特筆すべきは、針とインデックスにスーパールミノバを塗布し、暗闇を恐れず情熱的に行動することです。

この時計は、柔らかく繊細な革を使用したフランス産のファーストスキンカーフスキンを使用し、手首にフィットし、耐久性を持たせるために手作業によるステッチとヘミング加工を組み合わせています。

この「ビッグ・バン」は、日本製ミヨタ82S7自動巻きムーブメントを搭載し、毎時21,600振動、42時間のパワーリザーブを備えています。 エッチングとエンボス加工を施したスチール製ケースバックを備え、各モデルに個別のシリアルナンバーが刻印されています。

結論:ビッグ・バン ウォッチのユニークな八角形の外観と多層スケルトンの3Dダイヤルに、鮮やかな色の組み合わせで若々しさを表現しました。 ニッチなデザイン感も、この時計のシンプルさと汎用性を損なわない。

 

上がるのでしょうか? ブライトリングのベントレー・グリーンは、実は絶版になっています。

上がるのでしょうか? ブライトリングのベントレー・グリーンは、実は絶版になっています。

8月初旬、スイスの時計ブランドであるブライトリングとイギリスの高級車ブランドであるベントレーは、19年にわたるパートナーシップの終了をいわば予告なしに発表し、ブライトリングがこの2年間にベントレーのために発表したレーシンググリーンをイメージした一連の特別仕様時計は、パートナーシップに終止符を打つこととなりました。 そして少し前には、メカニカルクロノグラフ「B01 クロノグラフ 42 ベントレー スペシャルエディション」を撮影しましたので、以下の動画で詳しくご紹介します。

実は、ブライトリングとベントレーが初代コンチネンタルGTをきっかけにコラボレーションを開始した2002年から、ブライトリングが翼のロゴを消したことに対して、人によって好き嫌いが分かれるように、様々な議論が行われてきましたが、ひとつだけ言えることは、2人がコラボレーションを構想したとき、車の時計デバイスとしてトゥールビヨンを備えたマザーオブパールを使っていたことが挙げられます。 この2人は、トゥールビヨンを搭載したマザーオブパールを自動車の時計装置として使用し、自動車界と時計界を驚かせた。

BentleyとBreitlingのコラボレーションは常に話題となり、車や時計の愛好家にとっては、BentleyといえばBreitling、BentleyといえばBreitlingと思わせるという点で、もはや成功したともいえるでしょう。

とはいえ、昨年の機械式クロノグラフシリーズのリニューアルに伴い発売されたベントレーの特別モデルなので、詳しく見ていきましょう。 まず、ブライトリングの機械式クロノグラフは、旧モデルの大型サイズから42mm径になり、より日常使いに適したサイズになりましたが、クロノグラフ機能を搭載しているので、厚さは15.1mmと相変わらず厚めです。

上の比較では、新デザインでは、旧モデルよりもシンプルで洗練されたデザインにすることで、凝った質感を消していることがわかります。

ベゼルと文字盤の表示については、ベゼルインジケーター付きの回転ベゼルが特徴的で、クリスタルガラスを保護する役割を果たしています。 文字盤上には、3時、6時、9時にスモールセコンドディスク、30分、12時間の累積カウンターをそれぞれ配置し、6時位置の12時間ディスクにはカレンダー表示を搭載しています。

BreitlingがBentley Special Editionの文字盤にBritish Racing Greenを採用した理由は、グリーンは時計の世界で注目されている色であるだけでなく、110年以上前のモーターレースから続く自動車界を代表する色であり、Bentleyが最も頻繁に塗装に使用している色であるため、Bentleyに敬意を表しているためと考えられます。 ブライトリングがパートナーに捧げるオマージュ。

また、サファイアのシースルーケースバックにはベントレーの「BENTLEY」の文字が刻まれており、バックトランスペアレント仕様となっています。 COSC認定クロノメーターであるブライトリング・マニュファクチュール・キャリバー01を搭載し、精度、70時間のパワーリザーブ、200mの防水性を保証しています。

このモデルには、時計愛好家の間で弾丸ブレスレットとも呼ばれる、一目でそれと分かるローラービーズのスチール製ワンピースブレスレットとバタフライクラスプが付属しており、汗っかきの長い髪を持つ時計愛好家にはあまり親切ではないかもしれませんが、着け心地はとてもよく、腕によく馴染みます。

これまでお伝えしてきたのは、機械式クロノグラフは、歴史的にフライングウォッチをベースとしながらも、タキメーター機能を搭載してレーシングチームに支持されたプロフェッショナルスポーツウォッチであり、さらにダイビングクロノグラフスケールと独自の防水機能を持ち、陸・海・空で多目的に使える、3拍子そろった数少ないスポーツウォッチであることです。 スポーティーなデザインだけでなく、カジュアルでスタイリッシュなデザインに一新し、汎用性を高めました。

ブライトリングのCEOであるOGeorges Kernは、パートナーシップの終了に関するインタビューの中で、ブライトリングとベントレーの両社は、過去19年間に共に書き、創造したものを誇りに思っているが、今は別々の道を歩まなければならず、ベントレーが自動車産業における成功への道を歩み続けると確信していると述べました。 -Bentleyトゥールビヨンは、このパートナーシップの完璧な締めくくりとなることでしょう。

グリーン コストパフォーマンスの高い時計です。

グリーン コストパフォーマンスの高い時計です。

光発電時計とは、光エネルギーを電気に変換する太陽電池パネルである光発電装置を内蔵した時計です。 また、電池はリサイクル可能なタイプで、地球資源の節約だけでなく、環境保護にも配慮した、まさにエコロジーな商品です。

セイコー PROSPEXシリーズ SNE537J1
型番: SNE537J1
直径:46.17mm
ケース厚:12.74mm
動き:光で動く
ムーブメント:V157
ケース材質:ステンレススチール、アルミニウム、プラスチック(特殊耐摩耗性炭素膜処理済み
防水性能:200メートル
ウォッチレビュー:キャニスターウォッチはセイコーの有名なダイビングウォッチシリーズで、1975年の登場以来、各界で語り継がれている人気モデルです。 キャニスターウォッチの最も象徴的な要素は、見た目だけでなく時計を保護するアーマーのキャニスター型です。 ステンレススチールケースとシリコンストラップがスポーティでレトロな雰囲気を醸し出す、クラシックな缶デザインのPROSPEXウォッチです。 正確な時刻表示と装着感を実現するソーラー・クォーツムーブメントV157を搭載しています。

シチズン FUTURE FORCE CA4500-16X
型番:CA4500-16X
直径:44mm
ケース厚:13mm
動き:光で動く
ムーブメント:B620
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100メートル
コメント:ミリタリースタイルにインスパイアされ、タフでスタイリッシュな外観と高い決定力を持つ、硬派なテイストを持つ男性向けのウォッチです。 パイロット・ウォッチをイメージした直径44mmのステンレススチール製ウォッチケースに、ベージュの文字盤にコントラストの強いインデックスを配し、レトロな雰囲気を演出しています。 リアルデイト表示、クロノグラフ、ローバッテリー警告など、実用的な機能を備えたキャリバーB620を搭載しています。

カシオ計算機 G-SHOCK GM-110NE-1APR
型番:GM-110NE-1APR
直径:51.9×48.8mm
ケース厚:16.9mm
防水性能:200m
レビュー:常にタフネスの限界に挑み続けるG-SHOCKと、NEW ERA®のコラボレーションウォッチです。 ブラックとゴールドカラーの文字盤デザインは、59FIFTY®キャップのアイコンであるベロのステッカーパターンに由来しています。 立体的な文字盤に質感のあるメタルケースはスタイリッシュかつ精悍で、耐磁・耐衝撃、200m防水、LED自動点灯、カウントダウンタイマー、フルオートカレンダー、48都市ワールドタイムなど、「小さな鉄砲」の名にふさわしいパワフルな機能を搭載しています。 裏蓋にはNEW ERA 100周年記念ロゴが刻まれ、特別モデルの記念ウォッチボックスに収められています。

結論:光発電時計は、通常のクオーツ時計に比べ、電池交換が不要で環境にやさしく、従来の機械式時計よりも精度が高い。 1回のフル充電で約6カ月間、暗闇でも正確に動作するため、電力不足の心配は全くありません。

 

時を奏でる。 GMT時計はどれを買えばいい?

時を奏でる。 GMT時計はどれを買えばいい?

GMTウォッチはもともと、現在地に加えて第二時間帯を素早く観測できるようにという、パイロットのニーズに応えるために開発された。 グローバル化が進んだ現在では、GMT時計は日常生活の中で当たり前のように使われています。 出張の多い方にとって、GMTウォッチを持つことは、旅や時間との遊びを大いに促進してくれることでしょう。

GMTウォッチはもともとパイロットのために開発されたもので、現在地の時刻に加え、第二のタイムゾーンを素早く確認することができます。 グローバルな統合が進んだ現在では、GMT時計は日常生活の中で当たり前のように使われている。 旅が多い人にとって、GMTウォッチを持つことは、旅や時間との遊びを大いに促進する。 では、3万円前後の予算で手に入るGMT時計は何だろうか。

ボール ハイドロカーボン スカイウォーカー DG2018C-S17C-BK
型番:DG2018C-S17C-BK
時計の直径:42mm
ケース厚:13.85mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:BALL RR1201-C
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100メートル
ウォッチレビュー:伝説のパイロット、ブライアン・シュール少佐へのトリビュートとして、BALLからコックピット環境を想定した新作「BALL Hydrocarbon Skywalker」が発表されました。 まず、ブランドのアイコンである夜光表示は、自発光マイクロガスランプとスーパールミノバ素材を組み合わせてタイムゾーンを識別するもので、24時間表示にはベゼルのグリーンの自発光マイクロガスランプ、12時間表示には文字板の黄色とオレンジのマイクロガスランプ、そしてアイスブルーのスーパールミノバ塗装が採用され、夜光表示には 第2時間帯の24時間表示は、アイスブルーのスーパールミノバコーティングで照らされています。 異なる発光色により、時間や場所に関係なく、はっきりと時間を読み取ることができます。 この時計の特徴は、特許取得のボールリュウズに、衝撃から保護するショルダーガードを付けたことです。 時計内部には、スイス天文台のクロノメーター認定を受けた自社製ムーブメントBALL RR1201-Cを搭載し、4,800A/mの耐磁性を備え、厳しい環境下でも精度と信頼性を維持することが可能です。 同ブランドでは、この時計をステンレススチールブレスレットとラバーストラップから選ぶことができ、価格はそれぞれ25,980円と23,980円なので、好みに合わせて選ぶことができる。

トリプル発光効果

オリス・アビエーション 01 690 7735 4063-07 1 22 72FC
モデル番号:01 690 7735 4063-07 1 22 72FC
直径:44.70mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント: 690
ケース素材:ステンレススチール、マルチピース
防水性能:100m
Watch Review:イノベーションにコミットし、時計製造の歴史に発明を残してきたオリスが2018年に発表するのは、ベゼルを回すことでワールドタイムを操作し、ベゼルを時計回りまたは反時計回りに回すだけでセンターの時針を進めたり戻したりできる腕時計です。 この時計は、ブランドの特徴である大きなリューズのパイロットウォッチ風のデザインで、回転させやすいのが特徴です。 文字盤の3時位置には、12時間のホームタイムダイヤルがあり、内部カレンダー開口部によってさらに充実した内容となっています。 ケースバックからは、ETA 2836-2をベースにしたオリス690自動巻き機械式ムーブメントが見え、38時間のパワーリザーブと100m防水を備えています。 写真のモデルはブラウンのルイジアナ産アリゲーターレザーストラップですが、ブラウンやグレーのカウハイドレザーストラップ、ステンレススチールストラップも選択できます。

ボーム&メルシエ ハンブルドン M0A10523
型番: M0A10523
直径: 48x31mm
ケース厚:10.8mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:TT651
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50m
時計レビュー:本日最後のおすすめ時計は、ひと目で印象に残るレクタンギュラーケースで個性的なデザインを表現した「ボーム&メルシエ ハンプトン」コレクションからです。 角張ったレクタンギュラーケースではなく、カーブした曲線を採用し、鋭い直角をさりげなく避けるだけでなく、滑らかなケース表面から光が射し込むようなデザインになっています。 また、文字盤には様々なオパールのような質感を持つグレインシルバーを採用し、現代的なブラックルテニウムの剣型針とのコントラストが印象的で、ユニークな個性を放っています。 12時位置には日付表示、6時位置にはデュアルタイムゾーンとデイ/ナイト表示を備え、長時間のフライトでも時刻を確認することが可能です。 この時計には、「コート・ド・ジュネーブ」のモチーフが美しく刻まれた自動巻きムーブメント「ソプロードTT651」が搭載されています。 性能面では、42時間のパワーリザーブと50m防水を備えています。

オールラウンダー。 10万元前後の高級スポーツウォッチ。

オールラウンダー。 10万元前後の高級スポーツウォッチ。

ラグジュアリースポーツウォッチは、その名の通り、通常のスポーツウォッチよりもスポーティーでありながら、ラグジュアリーな質感を持つ時計です。

ジラール・ペルゴ LAUREATO ローレル 81010-11-634-11A
型番:81010-11-634-11A
直径:42mm
ケース厚:10.88mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:GP01800-0025
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100m
時計レビュー:ジラール・ペルゴのローレイト・コレクションを見てみましょう、1970年代に生まれた八角形のベゼルと一体型のブレスレットを持つモデルのシリーズ、ブランドは2017年にこれらのリストを再発表しました、上の写真はシリーズの基本モデルです、ステンレススチールケース、42mmの直径適度、このシリーズのモデルのGPは45mm、42mm、38mm、34mmで利用可能です。 GPはこのモデルを、着用者のニーズに合わせて45mm、42mm、38mm、34mmの4つのサイズで提供しています。 八角形のベゼルは、視覚的なスタッキング効果で文字盤を際立たせています。 ブラックの文字盤にはパリ風のスタッズ効果が施され、3時位置に日付窓、針とインデックスには夜光塗料が塗布されています。 裏蓋は透明で、コート・ド・ジュネーブ仕上げとフィッシュスケールアンダーレイを施したキャリバーGP01800を搭載し、完全に巻き上げると54時間のパワーリザーブと100m防水を実現します。 ポリッシュ仕上げのセンターリンクとトリプルフォールディングクラスプを備えたステンレススチールブレスレット。

ショパール ALPINE EAGLE コレクション 298600-3002
型番:298600-3002
直径:41mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:ショパール01.01-C
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100m
時計レビュー:2019年、ショパールはこの2年間でかなり注目されたアルパイン・イーグルの新シリーズを発表しました。 写真のグレーモデルもシリーズのベーシックモデルで、ケースはルーセントスチールA223スチール製、直径41mmです。 この新しい合金素材は、明るさと低アレルギー性で性能が高く、ビッカース硬度223で従来のスチールより1.5倍耐磨耗性が向上しています。 両面ケース構造のラウンドベゼルは、スノーウィーマウンテンズ・プライドと一目で分かるデザインで、平面部は全てサテン仕上げとなっていますが、この時計のハイライトはショパールが岩のような質感に加工した文字盤ですが、このデザインはワシの虹彩をイメージしており、写真のグレー文字盤の選択と相まって、落ち着いた豊かな質感を映し出しています。 4時半位置の日付表示窓には、夜光塗料を塗布したバーインデックスとローマ数字が混在し、時刻を表示します。 ショパールの工房で開発され、COSCのクロノメーター認定を受けたキャリバー01.01-Cを搭載し、完全に巻き上げた状態で60時間のパワーリザーブと100m防水を実現しています。 また、「スノーウィーマウンテン・プライド」は、メタルブレスレットの幅が徐々に狭くなり、中央のリンクが盛り上がっているのが特徴的です。

ブルガリ オクト(OCTO)コレクション 103431
型番:103431
時計の直径:40mm
ケース厚:6.40mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:BVL 138
ケース素材:セラミックインサート付きステンレススチール
防水性能:100メートル
コメント:このブルガリ オクト フィニッシモ S ウォッチは、厚さわずか6.4mmのステンレススティール製40mmケースで、サテンポリッシュ仕上げが施されています。 八角形のフォルムに丸いベゼルが加わり、これまた角の取れた丸みを帯びた作品に仕上がっています。 小型の3針モデルとして、ブルーの文字盤はサンバーストパターンで仕上げられ、中央のスケルトン針とバーマーカー、12/6インデックスが非常にクリーンな印象を与えています。 自動巻き機械式ムーブメントBVL138フィニッシモを搭載し、厚さはわずか2.23mmです。超薄型時計を作る上で最も困難であることは周知の通りですが、ブルガリは60時間のパワーリザーブと21600Vphの振動を実現し、このムーブメントを見事に完成させました。 裏蓋からは、プラチナ製のミニチュアローター、コート・ド・ジュネーブ仕上げとサーキュラー・グレイン、面取りされたブリッジなど、ムーブメントの仕上げを見ることができます。 スチール製の一体型ブレスレットが付属しており、腕になじみやすく、装着しやすいデザインになっています。

フライバックタイマーがどのように作られたかを見てみましょう。

フライバックタイマーがどのように作られたかを見てみましょう。

フライバッククロノグラフは、今やクロノグラフの標準機能といってもいいほど一般的になっています。 まず、フライバッククロノグラフとは何でしょうか? フライバック機能とは、クロノグラフ中に「フライバック」ボタンを1回押すと1回目が停止して針がゼロに戻り、ボタンを離すとクロノグラフの針が動き続けるというものです。 一方、通常のクロノグラフは、「ポーズ」「ゼロに戻る」「スタート」の3回を押さないと次の計測が開始されない。

では、フライバッククロノグラフ機能はいつ誕生したのでしょうか。 そして、歴史上初めてフライバッククロノグラフが登場したのは、いつ頃だったのでしょうか。

フライバッククロノグラフの起源

ブライトリングは常にクロノグラフの分野で「リーダー」であり、その革新的な技術は時計界全体に大きな影響を及ぼしてきました。 ブライトリングは2プッシャークロノグラフを開発し、特許を取得しています。 これらのイノベーションは、フライバッククロノグラフ機能の出現にとって非常に重要なものでしたので、簡単に紹介させていただきます。

ロンジンがフライバック機構の特許を申請、取得する

1936年、ロンジンは、実はその1年前に提出されていたフライバック・クロノグラフ機構の特許申請を通過させた。 同年、ロンジン13ZNクロノグラフが発表されましたが、当時、13ZNムーブメントにはフライバッククロノグラフ機能が搭載されていたため、ロンジン13ZNクロノグラフが時計史的に初のフライバッククロノグラフであると考える方も多いようです。 しかし、ロンジンのフライバック・クロノグラフは、それ以前のキャリバー13.33Zに遡るとも考えられています。ロンジンがフライバック・クロノグラフの特許を取得したのは1936年ですから、フライバック・クロノグラフの研究は、ロンジンが申請した1935年より前である可能性もあります。

キャリバー13.33Z

1913年にロンジンが発表したキャリバー13.33Zは、クロノグラフ・ムーブメントの先駆けであり、当時は自社でムーブメントを製造できるブランドが少なく、バルジュー、ヴィーナス、レマニア、ランデロンなどが独占していた状況を打破するために登場したムーブメントである。 当時、13.33Zムーブメントを搭載した時計には、巻き上げ用のリュウズと、クロノグラフのプッシュボタンとしての機能があり、1回押すとクロノグラフがスタートし、2回目で一時停止、3回目でリセットができる、つまり現在の通常のクロノグラフと同じ機能であった。 その後、ロンジンは13.33Zムーブメントも改良し、1930年には非常に珍しい13.33Zムーブメント搭載の2プッシュ式フライバッククロノグラフを製造したとされています。 そのため、フライバッククロノグラフを搭載したキャリバー13.33Zは、比較的知られていないのです。

13ZNムーブメント

ロンジンは、伝説的なキャリバー13ZNが誕生した1936年、フライバッククロノグラフの特許を取得しただけでなく、商業的な運用を開始し、フライバッククロノグラフが台頭してきた時代を迎えました。 ロンジンは、クロノグラフの分針をセンターのクロノグラフ針で表示するように変更しました。 クロノグラフのセンター針がクロノグラフ秒針であることが多い現在でも、センターのクロノグラフ分針は非常に珍しいものです。 当時、キャリバー13ZNのムーブメントは主に工具時計に使用されていたが、ロンジンはルーマニア軍に13ZNを販売するとともに、パートナーのヴィットノウアーに委託して軍や航空関係者に販売した。

ロンジンは、キャリバー13.33Z、13ZH、そして後の30CHに至るまで、当時のロンジンの強さと時計製造の世界での地位を示す多くの宝物を時計製造界に残してきました。 これらの歴史的な宝物は、その輝きにおいてのみ記憶されるかけがえのないものなのです。

ユーティリティ

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

新着コメント

Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/06 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/06 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/06 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/06 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/06 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/05 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち